投資顧問業とは簡単に説明すると、顧客に投資の助言をし、その対価に報酬を貰う職業です。ライバルも沢山いますし結果が全ての世界で、知識を得なければ結果は出せないので相当勉強が必要だと思います。投資顧問業を目指すなら参考にしてみてはどうですか?

新生銀行の銘柄メリットは投資顧問にも魅力的に見える

新生銀行は普通の銀行より預金の種類が豊富で、投資を検討している人には色々使える銀行の一つだと思います。
他の銀行にもある定期預金も活用できますが、定期預金を活用するならネット銀行の強みを生かしたもっと別の預金を、より良い金利で活用できるメリットがあります。
新生銀行の預金のおお勧め銘柄としては、まとまったお金を最低2週間から預金できる「2週間満期定期預金」でしょうか。
金利が他の銀行に比べて高く、ユーザーからも投資顧問からも人気があります。
外貨預金も他の銀行より簡単な手続きで、安い手数料で運用が可能ですし、貯蓄預金感覚で利用できる「パワー預金」も使い勝手が良いシステムです。
新生銀行は一時期経営状態の悪化が危ぶまれましたが、2週間満期定期預金とパワー預金、定期預金はペイオフ対象なので、1,000万円以下の預金なら問題ありません。
また、新生銀行の投資信託は証券会社に匹敵する程バラエティに富んでいて、NISAを開設したお客様には購入時の手数料が無料になるというメリットもあります。他の銀行の場合、投資信託の買い付けはインターネットか店舗で行うことが多いのですが、新生銀行の場合はインターネットや店舗は当然ですが、電話で行うことも可能です。インターネットが苦手な方でも手軽に投資信託の購入が可能です。
ですが、新生銀行の最大のメリットは、投資顧問のみならず誰もが認める「ATM手数料が郵便局、コンビニ、都市銀行のどこでも無料になること」「振り込み手数料無料サービス」だと思います。
投資の場合は上がる可能性も下がる可能性も考慮しなければいけないので、余裕資金で運用することが求められるのですが、預金であれば元本は保証されるので減らしたくないお金を運用するにはおお勧め銘柄といえます。
資産運用に預金するところも必要です。