投資顧問業とは簡単に説明すると、顧客に投資の助言をし、その対価に報酬を貰う職業です。ライバルも沢山いますし結果が全ての世界で、知識を得なければ結果は出せないので相当勉強が必要だと思います。投資顧問業を目指すなら参考にしてみてはどうですか?

国際投資顧問から金融商品を買うには

国際投資顧問とは、国際投資を行うときに国際証券取引について株の現状把握、また分析し、価値を判断する専門家の事をいいます。
国際投資は、国内の金融商品に絞るのではなく、海外の金融商品に投資します。世界的な規模で投資を行えるとなれば、かなりの数になるでしょう。日本にも海外からの投資を規制しているものがあるように、日本から投資できない銘柄もありますが、それでも日本から投資できる証券や国債はたくさん存在します。
国債投資のメリットとしては、様々な国に投資する事により、経済的成長途中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、テロや災害、戦争などによる国際的なリスクを分散する事ができます。また、各国の経済成長や経済循環のサイクルを狙うやり方もあります。ある国で不況のピークであったとしても、もう一方の別の国では経済成長の真っ只中という事は少なくありません。
国際投資顧問によって国債投資を始める時は、まず取引したい国の証券や外貨を取り扱っている証券会社に口座を開設する必要があります。外貨や国債であれば、銀行で取引する事も可能です。実際の取引内容は国内の取引と同じで安いときに購入し、高くなったら売る事による差益で利益を上げる、というものです。このとき注意が必要なのは、日本のニュースだけでなく、投資している国のニュースもよく目を通す事です。日本では見えないところでも世界は動いています。投資している国の急な政変や災害、戦争によるリスクにいつでも対応できるように心がける事が肝要になります。これによる損失も考慮する必要がありますが、逆手をとって、こうした暴落で利益を上げる事もできます。
国際投資顧問はたくさん存在しますが、活用する時は経験豊富あることと、手数料などのコストをあらかじめ計算に入れましょう。一見儲かったに見えても、手数料などのコストを引くとそれほどでもなかった、という事になりかねません。